NAGAISHI JUNYA

葬祭事業 / 永石 純也(入社2年目)

目指すは社長!
野心家のスーパールーキー

株式会社セルモを
選んだきっかけは?

社長の言葉に
心を掴まれました

セルモの会社説明会にきたときはすでに内定が他社で決まっていたんです。ところが、社長が「頑張ったら頑張った分だけ結果がでる。給与も役柄もそこを目指すのは頑張り次第でどんどん上にいける」と話していたのが印象的だったんです。将来が起業したいと考えているのでここで人間力を高めたいと思いました。

やりがいは何ですか?

お客様に
感謝してもらえること

お通夜から葬儀まで2~3日の間、誠心誠意尽くすことで最後には必ず「ありがとう」と感謝していただける仕事です。限られた条件のなかで精一杯できる葬儀をプロデュースできたときには、ご家族のみなさまがご自宅の前に並んで「ありがとうございました」と言ってくださったんです。こちらこそ、ありがたくて頭が下がりました。

会社に入って変わった
こと、成長したことは?

マメな性格に
変身しました!

実はちょっと面倒くさがりなところや、抜けているところがあるんです。目の前のことについつい夢中になる性格なので、学生のころは他の用事が入ってきたりしたら「これくらいで良いか」と思ってしまう部分がありました。いまは、仕事なのでどんな状況でも「徹底的にやる!」と意気込んでいます。

DAILY SCHEDULE

7:00 起床
8:00 出社
8:30 会館周りの清掃
9:00 朝礼
10:00 喪家様の自宅で打合せ
12:00 昼食
14:00 お葬儀・お通夜の準備
18:00 お通夜施行
20:00 退社

今後のビジョンは?

20代のうちに独立したい!

経営者だった祖父をずっと見ていて、幼稚園生のころから将来の夢は「社長になること」でした。できれば20代のうちに、起業したいと考えています。そのためにも、いまは互助会の仕組みやBtoCの営業スキルを積んで、営業力や経営力を身につけること。今後、葬祭部門の館長になってマネジメントを学び、自分の会社を立ち上げたいですね。

就職活動中の学生たちにメッセージ

夢を持って、何でも挑戦しましょう!

まだ何も始まっていない状態で、本当に自分のやりたいことなんて分かりません。何事も挑戦して、その中で自分がやりたいことを見つけていければ、それがきっと自分のやりたいことになっていくと思います。夢を持って何でも挑戦してほしいですね。